日商簿記3級とは?

日商簿記3級は資格を取りたいと考えた際に1つの候補として挙がることも多いものの1つではないでしょうか?

平成28年度から試験範囲が変更となり難易度が上がったと言われています。

しかし基本的な出題傾向は変わっておらず勉強方法は従来と同じで良いとされています。

この日商簿記についてご紹介をします。

どんな内容なの?

簿記3級は最近では合格率3割以上となっており

決して簡単な試験とは言えませんが分野ごとに必要な最低点数などはなく

7割以上の点数が取れれば合格となりますので

対策をしっかり行えば初学者でも合格することも可能です♪

簿記3級の勉強時間は一般では100時間以内と言われています◎

1日30分から1時間の勉強を2~3ヶ月行えば

合格することができるでしょう( ^_^)/

逆に簿記は習うより慣れろというくらい仕訳回数が大切となりますので

長くダラダラ勉強すると効果がありません!

試験日から逆算して学習計画を立てましょう◎

学習を始める時はテキストと問題集選びが大切となります!

簿記の学習は初学者の場合、専門用語に戸惑うことも多いのですが

3級であればそれほど難しい解説は不要です◎

大まかな簿記のルールと概要さえつかめれば

あとはひたすら仕訳問題を繰り返すのみです!

accounting-1112920__340

おすすめの勉強方法!

テキストのインプットに時間を多くかけないようにしましょう◎

それほど分厚いテキストではなく自分が読みやすいと感じるものを選ぶことが大切です!

途中で挫折することなく読み進めることのできる

自分好みのテキストを選びましょう♪

問題集も1冊で大丈夫です!

基礎問題の充実したものを選び1冊の問題集をひたすら繰り返しましょう。

ある程度問題集がこなせるようになったころ

試験1ヶ月~半月前には過去問に挑戦しましょう◎

過去問を解く際には解答用紙をたくさんコピーし

8割取れるようになるまでひたすら回答を繰り返します。

こうすることで7割を取ることができます。

またどの資格試験にも言えることですが

簿記3級も過去からの出題を焼き増して出題されることがあります◎

過去問をひたすら繰り返し学習することは出題傾向を知ることにもなります!

accountancy-1342883__340

簿記3級を受けてみよう!

簿記3級では計算機の選択も大切となってきます◎

多機能であったりカード式の計算式は避け

ある程度の大きさのある12桁程度の計算機を選びましょう♪

手になじみ数字を押したときに手ごたえのあるものが良いでしょう!

簿記は何度も何度も基本問題を繰り返し

問題を読んだ時に仕訳がパッと頭に浮かぶようであれば合格は目の前です!

基本を大切に簿記3級合格に向けて進んでいきましょう◎

日商簿記のホームページはこちら

calculator-1044172__340


コメントを書く







コメント内容


記事一覧