ゼンリンとは?

ゼンリンは日本の大手地図制作会社で

福岡県北九州市に本社を置いています。

正式名称は株式会社ゼンリンで

住宅地図を唯一全国展開している企業です。

紙媒体の地図やGISなど電子地図の制作や

販売を行っていてGoogleマップやYahooロコを

はじめとする地図検索サービスや国内外のカーナビにもデータを提供しており日本国内の市場では8割を占めています。

また出版事業では全国に60以上の営業所とサービスセンターを配置し日々膨大な地図データの収集を行っています。

ゼンリン住宅地図のはじまり

住宅案内地図

ゼンリンの地図の始まりは

大分県宇佐市出身の大迫正冨が1949年に観光客向けに制作した

「年刊別府」という小冊子に起因しているんです!

年刊別府が利用者から非常に好評だったのはその中身ではなく

巻末付録のカラー印刷の詳細な市街地図の方でした★

この詳細な市街地図に市役所をはじめとして

旅館や商店から地図への掲載要望が相次いだことにより

年刊別府発刊者の大迫正冨は社名を善隣出版社と改めて

2冊めとなる観光別府を制作したんです♪

観光別府では付録の地図情報がより一層充実し

施設や店舗の記載が増え住宅地図に近い形となりました!

大迫正冨はこれらの2冊の発売による成功や

住民からの徴税に頭を悩ませていた学友から着想を得て

住宅地図の制作に思い至ることに(^^)

そして1952年6月に別府市住宅案内図を発売!!

その後発刊地域が別府市以外へと広げ名称も住宅詳細図と変更しました☆彡

ゼンリン地図の始まりは巻末の付録という少し面白いお話ですね笑

ゼンリン住宅地図の特徴

伊能忠敬

ゼンリン住宅地図の基本となる地図のデータは

全国の調査スタッフが直接歩いて、見て、手で書くことで収集したものなんです!

いろんなお店が入れ代わり立ち代わりするこのご時世に

全て人力で情報を収集しているとはとても気が遠くなる作業ですよね(^_^;)

しかし、地図というのは元々情報は存在していないので

結局は人力で!ということになるんだなと気付かされました(*゚ロ゚*)ハッ!!

かつて日本で初となる地図を完成させた伊能忠敬も

自身で全国を測量したわけなので

地図の作り方は200年経った今でも基本的な作り方は変わっていない

ということになりますね笑

基本的な情報収集は昔と変わらず人の力で行われていますが

ゼンリンの地図は時代とともにその形を変えています☆彡

現在では、ゼンリンの地図は地図ソフトとして発売されていたり

ネットからダウンロードできたりとその形は時代に適した形になっています♪

私がゼンリンの住宅地図にお世話になったのは社会人になってすぐのときです!

その頃はガッツリ紙媒体での地図を営業車に乗せて走っていたのを思い出しますね笑

その頃はカーナビもまだまだ高価だったので

ゼンリンの住宅地図片手に運転していたのを思い出します汗

今考えると、正直危ないですよね(^_^;)

そんなことは置いといて!

その当時は私は個人の建築設計事務所へ営業活動をしていたので

普通の一軒家が事務所なんてことが多々ありました。

なので、住宅地に営業に行っていたような感じなのですが

ゼンリンの住宅地図は驚くほど正確だったことを思い出します♪

今ではネットでゼンリンの地図を見ることもできるので便利ですよね!!

スマホでも確認することができちゃうんですよ~

ゼンリン地図のダウンロードについて

アプリ

色んな形で使用できるゼンリンの地図ですが

オススメの利用方法はスマホのアプリを使用することです♪

いつもNAVIというゼンリンが提供するアプリが配信されているので

そのアプリをインストールすることでゼンリンの地図データを

簡単に確認することができちゃいますよ~

またいつもNAVIにはマルチとドライブの2種類があります☆彡

いつもNAVIドライブはその名のとおり車を運転するときにおすすめで

しっかりナビ機能が使えますので普段使いとしてもとても便利ですよ♪

今はスマホの画面も大きくなっているので便利になりましたよね(^^)

ゼンリンの地図は色々データ提供しているので何気なく見ていた地図が

実はゼンリンの地図データだったということは多々ありますが

いつもNAVIだとすべてゼンリンのデータということなので

正確性は他のどのアプリより高いと思いますよ!!

もし今、何もナビアプリが入っていないなら入れてみてはいかがですか?

ゼンリンの商品・サービスはこちらから


コメントを書く







コメント内容


記事一覧