ズワイガニとは?

ズワイガニとはケセンガニ科に属するカニであり主な生息場所は水深数百m程度のエリアとなります。

そのため底引き網漁で獲ることになり、シーズンになると日本近海のさまざまな場所で獲ることができます。

有名な産地は日本海側となり福井県では越前ガニ、兵庫県や鳥取県では松葉ガニと呼称されそれぞれブランド化されているのです。

このズワイガニについてご紹介をします。

ズワイガニについて知ろう!

ちなみに漢字では楚蟹と書くのですが

楚という漢字は木の枝や幹から伸びた若くて細いまっすぐな枝という意味があり

足がまるで木の枝のように細いことから

そのような漢字があてはめられるようになったと言われています◎

漢字の意味も考えるとおもしろいですよね!

味に関しては非常に繊細でほのかに甘い味わいが特徴となっており

足の身はもちろんのことカニみそも美味しくカニの旨みが存分に堪能できるのですが

これは身がぎっしり詰まって豪快な食べ方を可能とする

タラバガニとは違う味わいと言えるでしょう♪

タラバガニはタンパクで大味、深みがないことから

さまざまな調理法で食べることが前提となっていますが

ズワイガニの場合ではやはりその身の旨みを引き立たせる食べ方がおすすめで

ボイルであったりカニしゃぶで食べることが多いです!

crab-meat-614628__340

おすすめの食べ方!

生のままズワイガニを購入できる機会は限られており

たいていは茹で上げられたものを購入したりするのですが

通販などではそれを冷凍したもの

もしくは生を冷凍したものが多く販売されています◎

そして解凍する際に少しコツがあり新聞紙やラップに包んで

冷蔵庫の中でゆっくり解凍させる方法を選択することが重要となります!

これを怠って自然解凍させると旨みのエキスがかなり流れ出てしまいますから

ズワイガニの魅力が台無しになってしまうかもしれません!

また凍ったままボイルしたりするのも

味を劣化させてしまいますからおすすめできません。

crab-1033446__340

紅ズワイガニとの違いは?

ズワイガニと見た目も似ており同じケセンガニ科の種類のカニで

紅ズワイガニが存在しています!

こちらも美味しいカニとして知られています♪

ズワイガニと比べると水っぽいと評されることもあるのですが

味が薄いという訳ではなくジューシーさを楽しむことができます!

もちろん旨みと甘味がしっかりとついていますから

こちらもボイルして食べるのがおすすめの方法です♪

またズワイガニよりも安価であることがほとんどであるため

お求めやすいですし缶詰めやカニコロッケ

その他の加工食品の原材料としても用いられています◎

ズワイガニの購入はぐるなび食市場で可能です!

何か食べたい物がある場合は私もぐるなび食市場を利用しています!

ぐるなび食市場のホームページはこちらから!

snow-crab-1527603__340


コメントを書く







コメント内容


記事一覧