福岡タワーとは?

福岡タワーは福岡市早良区百道地区にある日本で一番高い海浜タワーです。

RKB毎日放送の本社敷地内にあるランドマークタワー(電波塔)で、福岡のすべての放送局が送信所としてしようしています。

高さは234メートル。

夜にはイルミネーションが点灯したり、地上123メートルにあるタワー展望台からの夜景を楽しむ事ができます。

「恋人の聖地」にも認定されているデートスポットとしても有名です。

福岡タワーはすでに福岡の、いや九州のシンボルと言っても過言ではありません(笑)

福岡タワーが建設されたきっかけは、平成元年にさかのぼります。

当時、福岡市制100周年を記念して開催された「アジア太平洋博覧会(よかトピア)」の

モニュメントとして建設されました。

福岡タワーの外観は8,000枚ものハーフミラーで覆われていて正三角形の洗練されたフォルムは「ミラーセイル」という愛称もつけられているほどです。

福岡への旅行の際は、ぜひ訪れてみて下さい。

福岡タワーの魅力とは?

福岡タワーの魅力の1つは、なんと言ってもイルミネーション♥

夜になると四季折々の風景をイルミネーションで再現しています♫

バレンタインの時期はハートのイルミネーション♡

こどもの日には鯉のぼり!

夏のシーズンだと金魚や花火などなど(^^)

秋になるとハロウィーン仕様になったり紅葉がハラハラと舞い落ちたり(・∀・)ノ

冬にはもちろんサンタクロースが登場します♪

私は通勤で都市高速を利用するので夜のイルミネーションをよく目にしますが

福岡タワーのイルミネーションにはいつも感心させられますヽ(´ー`)ノ

ただ点灯するとか、ピカピカ点滅するというのではなく

夏の金魚だとスイスイと金魚が泳ぐんですよねΣ(゚Д゚)

大きな福岡タワー全体に動くイルミネーションを見る事ができるんです。

イルミネーション(金魚)

福岡タワーに登れば大パノラマ!

夜景

福岡タワーの魅力は外から見るだけではありません!

地上123メートルにある展望デッキからの夜景も最高のデートコースです♥

展望デッキへは大人1人800円でのぼることができますよ~

天気が良い日には福岡市内の夜景を一望することができちゃいます♪

展望台ではぐるっと360度中を歩くことが出来るのでまさに大パノラマです!

またタワー内には地上120メートルの位置にスカイラウンジもあり

飲み物を片手に福岡の夜景を眺めることもできますよ(๑´ڡ`๑)

スカイラウンジでは食事を楽しむこともできます☆彡

スカイラウンジ

お腹が空いた時には1階にカジュアルなレストランもあります(・∀・)ノ

このレストランは博多の食材をふんだんに使用した料理が売りです☆

座席も120席と多いので結婚式の二次会などに使用する人もいるレストランです!

夜のデートで食事の後に展望台へのぼりスカイデッキでちょっと一杯♥

まぁ、なんて素敵なデートコースでしょう♪

美味しい料理と素敵な夜景を見方につければ

もう彼女もメロメロになること間違いなしですね(笑)

ちなみ私は妻と初めて福岡タワーに行った時には雨でした(^_^;)

福岡タワーに行くときはしっかり天気予報をチェックして行きましょうね(笑)

福岡タワーに行ってみよう!

移動方法

福岡タワーへのアクセスはバスか車がおすすめです♪

レンタカーなど車で行く場合は都市高速を利用すると15分くらいで到着します☆彡

ももちランプ下車するともう福岡タワーは目前です!

福岡タワー下には駐車場がありますので車でのアクセスも便利ですよ(^^)

ただ、あまり広い駐車場ではありませんので満車になっている可能性も高いです…

でも、安心して下さい!

福岡タワーの周りには徒歩圏内に駐車場がたくさんあります(・∀・)ノ

また福岡タワーの駐車場より安い!!

という利点もあるのでどちらを選ぶかはあなた次第です(笑)

また、福岡はご存知の通りバスが非常にたくさん走っています★

バスを利用することで福岡タワー南口または福岡タワーというバス停まで

直接行くことができるので便利ですよ~

個人的にはバスでのアクセスを一番オススメしています(`・д・´)キリッ

ちなみに博多駅からバスに乗った場合は約25分で到着します!

天神から乗った場合は約20分!!

どちらから乗っても料金も230円と非常にリーズナブルなので

アクセス方法としてはバスが一番オススメですね♪

地下鉄という移動方法もありますが地下鉄の場合は西新駅で下りて

徒歩だと20分くらい歩く必要がありますΣ(゚Д゚)

また、タクシーだと5-6分で到着すると思いますが乗り換えるのもねぇ…。

と言うことで福岡タワーへは西鉄バスに乗っていきましょう!

福岡タワーの公式HPはこちらから


コメントを書く







コメント内容


記事一覧