秒速5センチメートルとは?

日本だけに留まらず各国で人気を集める映画「君の名は。」は記憶に強くあるのではないでしょうか。

この作品の監督となった新海誠監督の作品の1つが「秒速5センチメートル」です。

この映画はDVD化され漫画や小説などの幅広いメディアとして発行された世界的にも多くの人々に愛される作品と呼べるでしょう。

今回はこの秒速5センチメートルについてご紹介していきます。

構成について知ろう♪

本作品は3つの短編アニメーションの連作となっており

表題となっている秒速5センチメートルとは

桜の花びらが地面へ向かって舞い落ちる際に進む時間のことを指していると言われ

3つの短編アニメーションの中の表題の1つでもあります◎

実際には桜花抄、コスモナウト、秒速5センチメートルであり

境遇の違う若者が題材です!

抗うことのできない環境の大きな変化の中で

それぞれの成長と苦悩を新海誠監督の独特の

映像美の中で表現されているということが特長でもあるのではないでしょうか?

この内容について少しあらすじをご紹介します!

vintage-tv-1116587__340

どんな内容なの?

まず第1話桜花抄についてです!

それぞれ他の者には無い感情を抱いていた貴樹と明里は

小学校卒業と同時に明里の転校により

それきり会うこともなくなってしまいます!

その年の夏に明里殻の手紙により文通を行うようになりました♪

しかしさらに追い討ちを掛けるように

その年の冬に貴樹にも鹿児島への転校が決まり

ますます離れ離れになってしまう中で

意を決した貴樹は明里へ会いに行く決意をします!

しかしその当日、豪雪に見舞われ貴樹の乗った列車は立ち往生…

そんな中2人の心境が揺れ動いていきます◎

次に第2話のコスモナウトでは高校三年生になった貴樹が

中学2年のころに転校してきた鹿児島で

花苗というサーフィンを行う少女に出会います★

東京から転校してきた貴樹に淡い恋心を持つ花苗は

告白することもできず自身の進路を決めかねている中で

大好きだったサーフィンでもボードの上に立つことが

できないスランプに陥ってしまいます!

そんな中、貴樹が東京の大学へ行くことを知った花苗は

意を決して貴樹へ告白することを決意しました!

winter-654442__340

青春時代の葛藤について描かれている!

最後の第3話である秒速5センチメートルでは

東京の大学へ進学した貴樹は卒業後

何かに駆られる様に高みを目指し仕事に没頭していました!

3年間付き合った彼女からも

貴樹の心が自分に向いていないことを見透かされてしまいます…

若さ故の悩みや葛藤の中、思い出すのは中学生のころ

雪の日に出会った幼馴染の少女の姿でした!

私もこの作品を見ましたが

青春時代の苦悩と葛藤が描かれている作品であると感じました!

いまだに海外から聖地巡礼などに訪問される方も多く

ご覧でない方にはぜひ鑑賞していただきたい作品です♪

秒速5センチメートルのホームページでは

ストーリーだけでなくキャストの紹介などもあります!

ぜひチェックをしてみてください♪

秒速5センチメートルの公式ホームページはこちらから!

natural-1225186__340


コメントを書く







コメント内容


記事一覧