ファイナンシャルプランナーを目指そう!

ファイナンシャルプランナーとは職業の一つです。

税金や保険、不動産や金融商品などお金に関する総合的で広い知識を身に付けそれを活かして顧客のライフプランニングなどの相談に乗る職業です。

ファイナンシャルプランナーの資格は医療事務や簿記と並んで実務で使える資格の中でも人気が高く、毎年多くの人が受験しています。

今回はファイナンシャルプランナーについてご紹介をします。

どのような試験内容なの?

ファイナンシャルプランナーは試験資格がなく

なろうと思えば誰でもなれるので

まずは試験の制度や働き方の概要などを簡単に抑えておきましょう♪

ファイナンシャルプランナーの試験を実施している機関は

日本FP協会と金財の2つがあります!

さらにまた普通のファイナンシャルプランナーの他にもAFPなどがありますが

説明をシンプルするため日本FP協会と金財を区別せず

また普通のファイナンシャルプランナー試験の

主に3級と2級について述べていきます◎

3級も2級も全部で60問出題され内容は三者択一式とマルバツ選択式

それと実技試験としてある人や家庭における事例を読んで

そこから設問に答えるというものがあります☆

どちらも60問中6割にあたる36問以上の正答が合格点であり

合格率としては3級が例年55~70%、2級が例年25~40%で推移していますので

難易度としては受かりやすい年やそうでない年などはあまり関係ありませんね!

books-691980__340

試験範囲について確認をしよう!

試験範囲は幅広く所得税や住民税といった税金関係や

株や債券といった金融商品関係、生命保険や雇用保険といった保険関係や

個人におけるマネープランニングなどさまざまなものが挙げられます◎

これらは日常生活において目にするものも多いので

イメージしながら勉強できるでしょう♪

試験日は同じ間隔を空けながら年3回実施されるので

チャレンジする機会は多いですね!

しかし4月の年度を跨ぐ際には税金や保険関係の改正が

毎年のように行われますので使う教材には十分気を付けるようにしましょう☆

glasses-1584710__340

資格をとった後の流れは?

ファイナンシャルプランナーの活躍のフィールドは広く

一般企業において専属で働くことや

独立して個人事務所を構えることもできます!

また保険や不動産関係の職務に就いている人が

さらに職務を拡大するために受験する人もいますし

ファイナンシャルプランナーにはなる予定はないが

一般教養として知識を身に付け生活に活かすために受験する人も多いです♪

このようにファイナンシャルプランナーの知識は

さまざまな場面で活かすことができるのでぜひ勉強してみましょう◎

日本FP協会のホームページでは

試験についてより詳細に確認が可能です!

ぜひ興味をもった方はのぞいてみてくださいね♪

日本FP協会のホームページはこちらから!

calculator-983900__340


コメントを書く







コメント内容


記事一覧