中小企業診断士の資格が人気!

中小企業診断士とは経営コンサル系として上位に位置する国家資格でありまたそれを保有して働く職業をいいます。

日本に存在する企業の99%は中小企業でありこの中小企業の活躍によって日本企業は支えられているといっても過言ではありませんよね。

そんな中小企業の活躍を、経理や財務、経営や法務など様々な面から支えるのが中小企業診断士です。

中小企業診断士の資格の概要や勉強方法、働く場所などについてそれぞれ簡単に見ていきましょう。

どのような試験内容なの?

中小企業診断士になるためには難しい国家試験を合格する必要があり

その後行われる実務補習を経て登録する必要があります◎

中小企業診断士の試験は択一マークシート形式で行われる第一次試験と

記述式の筆記試験と口述試験で構成される第二次試験があります♪

試験日は第一次試験が例年8月上旬の土日の2日間

第二次試験の筆記試験が例年10月下旬の日曜日

口述試験が例年12月中旬の日曜日にそれぞれ実施されます☆

合格率は例年10%前後と難易度が高く

何年か勉強してやっと合格するという人がほとんどですね!

試験範囲は膨大であり経済学や経営学、財務会計や経営法務などが挙げられます◎

そのため勉強方法としては専門学校などに通うことが一般的で

独学で合格することは不可能ではないですが難しいでしょう!

library-869061__340

勉強のコツをつかもう!

コツとしては試験範囲の勉強をやりつつ

インターネットや書籍などで過去問を解くことにより

試験と傾向を掴むと効果的です( ^_^)/

合格者などのブログで勉強方法のアドバイスを見ることも良いでしょう◎

中小企業診断士の業務の幅は広いです♪

そのため働く場所はさまざまでありキャリアアップや

独立開業のための転職は比較的容易に行うことができるでしょう♪

また公認会計士や税理士などの資格取得者や

実務として働いている人がさらに業務の幅を広げるために

中小企業診断士の資格取得のために勉強する人も多いです!

これらの職務と中小企業診断士の職務は共通する部分も多いので

それぞれが相乗効果を生み出し

さらに活躍のフィールドを広げることが可能になるでしょう♪

phone-1052028__340

資格を目指してみよう!

中小企業診断士は決して簡単に取れる資格ではありませんが

中小企業の力が強い日本においては需要が高い職業なので

ぜひ取得できるように努力してみましょう◎

中小企業診断士の試験については

中小企業診断協会のホームページで

詳細の確認が可能です!

試験について日程や質問なども載っているので

わからないことがある場合にはぜひのぞいてみてください★

中小企業診断協会のホームページはこちらから♪

book-shelf-349934__340


コメントを書く







コメント内容


記事一覧