バックアップが大切!

iPhoneを使用している人にとっては連絡先をはじめ、大切な個人情報が保存されていますよね。

また思い出の写真、インストールされたアプリ、購入したコンテンツのデータなども含まれています。

iPhoneはストレージ系の故障が発生した場合はもちろん正常に使用していたとしても極稀とはいえ、バグなどのトラブルで保存されているデータが損傷してしまうことがあります。

今回はiPhoneのバックアップについてご紹介をします。

バックアップ方法を知ろう!

バックアップを保存しておけばいつでも作成した時点に戻すことが可能なので

万が一の事態に備えて時間を惜しまず作業をしておきたいところですね!

Appleでは、iOSのバージョンアップ前や

修理に出す前にバックアップを保存しておくことが推奨されています♪

OSのバージョンアップ時に不具合が発生した場合や

新バージョンに使いたいアプリの対応が間に合わず

元のOSにしか対応していない場合にバックアップがあれば

いつでも不具合が出る前の調子が良かった状態に戻せます◎

もし何かあってもバックアップがあれば安心ですね♪

Appleの正規の修理に出す前にはあらかじめバックアップを取っておくことが

保証規約においても推奨されています!

これは修理内容によっては

デバイスを初期化しなければならないケースもあるからです!

iphone-6-458151__340

どんなメリットがあるの?

またもしも修理中に代替機を貸与されることがあれば

代替機にバックアップを復元させれば同じ環境で使用できますし

さらに代替機のバックアップを保存しておけば

修理が終わったデバイスに復元すれば環境を引き継いで利用できます♪

バックアップを保存することを習慣にしておけば

環境を作り直す煩雑な作業に追われてデバイスを利用できなくなる時間を

少なく抑えることができるでしょう◎

iPhoneのバックアップの仕方はクラウドストレージのiCloudや

サードパーティ製の専用のアプリを利用する方法がありますが

あらゆるケースに対応可能でおすすめできるのは

パソコンを介してiTunesを使用したバックアップです!

iTunesはApple製のソフトウェアなので安心して利用できますし

無料で提供されているのも大きな意味を持っています♪

mobile-616012__340

バックアップ方法を把握しよう!

具体的なバックアップの方法はパソコンのiTunesを開き

LightningケーブルでiPhoneと接続します!

メッセージに従ってダイアログを選択したりパスコードの入力をしていくと

iTunesのウィンドウ内に接続したiPhoneの情報が表示されるでしょう◎

ヘルスケアとアクティビティも含めたバックアップを保存する場合は

バックアップを暗号化のチェックボックスを選択してパスワードを設定します!

準備が整ったらいますぐバックアップをクリックすれば

バックアップが開始されます♪

復元をクリックするとバックアップの内容が

選択されたデバイスに書き戻されます!

しばらくすると自動的にデバイスが再起動し

さらにしばらく待ってコンピュータの同期が完了すれば

一連の作業が完了し接続を切ることが可能です♪

Appleのホームページでは

iPhoneやiTunesについて詳細に書かれているため

ぜひチェックをしてみてくださいね!

Appleのホームページはこちらから♪

office-620817__340


コメントを書く







コメント内容


記事一覧