NISAは知っておくと便利な制度!

NISAとは正式名称は少額投資非課税制度であり資産運用の際に出た利益にかかる税金を非課税にできる制度です。

2014年1月に開始して以降は対面型証券やネット証券などでNISA口座を使う人が増えています。

20歳以上で日本に在住の人なら誰でも開設できますが開くことができるのは1社のみです。

今回はNISAについてご紹介をします。

ジュニアNISAについて知ろう!

2016年から年間投資額の上限が120万円に上がったため

投資信託や株式売買の非課税期間の5年で600万円運用できることになります◎

2016年4月からは未成年者でも資産運用に参加できるジュニアNISAが開始しました!

日本に住んでいる0歳から19歳までの未成年者がNISA口座を開設し

それを親権者が代理運用する制度ですね♪

年間80万円が限度ですが売買に絡んだ利益に関する税金は非課税で

期間はNISAと同じ5年後までです◎

ネット証券各社ではジュニアNISAを使う人に対しては

投資信託や株式売買の手数料を無料にしているところもあるので

ぜひチェックをしてみてくださいね★

computational-2049079__340

マイナンバーが必要◎

利用している人の中には今後のことを考えて

投資信託の積立をしている人が増加しています!

積立なら1ヶ月に1万円でも可能なので少額なことから

相場が変調した際の対策につながります◎

堅実な資産運用のやり方として幅広く人気のある手法ですね♪( ´▽`)

一般とジュニアのNISAは口座開設の際にマイナンバーを伝える必要があります!

契約の際に渡される書類にマイナンバーを記入する所があるため

番号の数字を書きましょう◎

マイナンバーを紛失して番号が不明という場合は

市役所に行き事情を伝えれば何らかの処置を講じてくれるので安心できますね♪

マイナンバーについてなどわからないことなどがある場合には

問い合わせをしてみましょう!

特に投資信託などはお金の関わることなので

しっかりと内容を把握することが必要ですね☆

keyboard-1983410__340

楽天証券がおすすめ!

私はNISAを使って携帯電話関連の銘柄を購入しました◎

高配当なせいか中々下がらないのですが

決算直前になると不安心理から下がりやすい傾向なので

その下落した局面を利用して購入しました!

数ヶ月ほどするとまた以前の高値圏で推移したので売却しました♪

普段なら利益の2割が税金なのですが

口座が違うので利益一気に増したような感じでした〜

NISAの利用できる企業はさまざまありますが

その中でも楽天証券がおすすめです!

楽天証券のホームページでは

詳細について確認をすることができるので

ぜひチェックをしてみてくださいね☆

楽天証券のホームページはこちらから!

busy-1972087__340


コメントを書く







コメント内容


記事一覧