資金が必要な場合は日本政策金融公庫がおすすめ!

起業などで資金が必要になった場合に頭に浮かぶのは金融機関からの借入です。

金融機関ではその借入申込の内容を把握したうえで借入に来ている人物や人的な担保、物的な担保などを審査したうえで融資するかどうか決定します。

民間では明確に目的が決まっている住宅ローンなどの金利は安く設定されていますが事業性のローンなどは高く設定されています。

そこで注目されるのが日本政策金融公庫です。

今回は日本政策金融公庫についてご紹介をします。

どのような点に気をつければいいの?

日本政策金融公庫とは民間の金融機関を補完する形で

社会のニーズに応じてさまざまな手法により政策金融を機動的に行う

100%政府機関出資の金融公庫です♪

民間の金融機関を補完するという目的があり社会ニーズを追求するため

その貸出金利は低く設定され敷居が低いものとなっています◎

この日本政策金融公庫の融資の対象は広く設定されており

不動産投資など他の金融機関では断られる可能性の高い資金や

教育ローンのような事業とは関係のない他の金融機関から

比較的借入しやすいものまでカバーしているでしょう!

これは国民生活事業という国民生活のセーフティーネットとなるように

融資を実行しようとする経営理念によるものです♪

しかし、金利が低く対象が広いとしても

100%の貸付を達成しているわけではありません!

税金で行う国民生活事業だからこそその見極めが必要ですね☆

business-17610__340

創業計画書について知ろう!

例えば創業計画書のできです!

業種によってさまざまですが担当者にはその収支のノウハウがあり専門家です♪

違和感のある数値はわかるでしょう◎

相手との信頼関係の構築がしっかりできることが必要ですね!

また日本政策金融公庫でのものとはいえ融資に代わりはありませんので

保証人が必要です◎

もちろん無保証という形式もありますが一般的には保証人は必要になります☆

自分の事業がどのような事業なのかを考えた上で保証人を選定することは

一つの条件になりますね!

金利が安いからと多く借り入れようとしても

返済の目処が立たない資金は貸すわけにはいきません!

もし保証人に不安がある場合は200万程度の小口で

申し込む方が審査に通りやすい場合もあるでしょう◎

computer-1572183__340

数字を把握しよう!

日本政策金融公庫での借入であっても

審査の通りやすさを申請者全員に保証されているものではありません!

しっかりとした数字を把握しいくら事業に必要で

その必要な金額の内訳がどのようになっているのかを真摯に説明し

信頼を得ることでやっと審査してもらうことができます♪

最後に注意点がもう一つあります!

日本政策金融公庫での審査は通常2カ月程度時間がかかります☆

2カ月後すぐに必要な資金のために融資を当てにするようなことはせず

余裕をもった返済計画が必要とされますね!

日本政策金融公庫のホームページでは

詳細な情報についてチェックができます◎

ぜひのぞいてみてくださいね!

日本政策金融公庫のホームページはこちらから♪

dollar-517113__340


コメントを書く







コメント内容


記事一覧