プリンターでおなじみの会社

富士ゼロックスとは複写機、レーザープリンターなどを製造販売する企業です。

大手商社である日商岩井の仲介で米国のXeroxコーポレーションと現在の富士フイルムホールデイングス株式会社との合弁会社で発足した会社でした。

今回は富士ゼロックスについて解説していきましょう。

歴史を見てみよう♪

富士ゼロックスは発足当初は米国のXeroxコーポレーションから

ゼログラフィーの原理で特許を取得した複写機を輸入して

販売する代理店でした

その後富士フイルム株式会社の後押しもあって

富士ゼロックスの自社で開発した複写機を販売したり

米国のXeroxコーポレーションとすみ分けられた商圏エリア内

あるいは米国のXeroxコーポレーションへ向けた輸出ができるようになって

業績が拡大します(*^▽^*)

経営者の小林陽太郎氏の欧米流経営手法も相まって

設立から50年も経過しないうちに連結売上1兆円企業に成長しました(^O^)

white-male-1992578_960_720

便利な複合機の誕生◎

富士ゼロックスは1990年代後半からは

米国のXeroxコーポレーションの研究機関でマウスやインターネットの

社内LANシステムを開発実現したバルアルト研究所とのタイアップで

それまでの複写機一辺倒ではなくプリンターと複写機とパソコンを

インターネットで接続していつでも印刷ができる複合機の開発に

軸足を移します(^^)/

インターネット時代の到来をいち早くキャッチしていたんですね~

その結果社内でプリンタードライバをダウンロードすることによって

自分の希望する複合機に直接出力指示が出せるようになりました◎

また本格的なカラーコピー出力時代の到来を事前に捉えて

モノクロ複合機の国内向け生産を中止(^◇^)

エイブルシリーズと呼ばれたカラーコピー機の国内販売に舵を切ります!

複写機ではなくて複合機として顧客の社内情報システムの構築までを

設計するソリューションビジネスを全面に出していきました(*^-^*)

その間カラーで1枚100円前後していたコピーカウンター料金も

段階的に引き下げを行い

1枚数十円まで安価に提供することを実現します!(^^)!

swatches-1175456_960_720

外出先でプリントアウトできる☆

現在富士ゼロックスはクラウドサービスに力を入れており

タブレットやノートPCからセブン・イレブンに設置された複合機に

社内のクラウド環境を利用して重要な書類をプリントアウトできる

富士ゼロックスダイレクトサービスを開始しました♪

外回りが多い金融機関を中心に採用する企業が増えています(^O^)

これは顧客のクライアントPCにデーターを格納するのではなく

サーバー上の空間にデーターを蓄積させて

持ち歩き可能な端末からプリントアウトを可能にするシステムです☆

富士ゼロックスのホームページではサポート情報も充実しています◎

用紙やトナーカートリッジなどの消耗品もホームページから注文が可能なので

利用してみてくださいね(*^-^*)

富士ゼロックスのホームページはこちら(^^)/

store-388254_960_720


コメントを書く







コメント内容


記事一覧