より高い顧客満足へ

オムニチャネルとは買い物やサービスの提供などにおいて店舗や場所に縛られることなくあらゆる場所で顧客とのつながりを持とうとする戦略のことです。

もともとアメリカで生まれた概念ですが日本でも広まってきておりさまざまな事例も生まれています。

今回はそんなオムニチャネルについてご紹介しましょう。

新しい消費の形☆

オムニチャネルとはすべてという意味を表すオムニと

接点という意味であるチャネルを組み合わせた言葉です(*^▽^*)

今までは物を買ったりサービスを受けたいと思ったときには

その店舗へ赴いて商品やサービスを受け取るという考え方が

消費の観点で一般的でした☆

しかし最近ではIT化が進みインターネットが家庭にも浸透し

通販やECサイトが発展するようになってオムニチャネルの考えが

広まってきています◎

店舗だけではなくインターネット上でも商品を購入することができ

受け取る際は店舗でも自宅でも可能というオムニチャネルは

消費者にとって便利であり購買意欲を増やす効果が

見込まれているのが特徴です(^^)/

media-2082641_960_720

幅広い分野で取り入れられる戦略!

有名な事例としてコンビニエンスストア大手のセブンイレブンの

オムニチャネルが挙げられます(^◇^)

セブンイレブンはECサイトを自社で運営しており

そこから商品の注文が可能です◎

商品を注文したけれど家に帰るのが遅くなり

自宅で商品を受け取れないという人でも

近くのセブンイレブンの店舗で受け取ることができるので

消費者にとって便利なサービスだといえるでしょう~

また家まで配送も可能です!(^^)!

さらに銀行でもオムニチャネル戦略が行われることが増えてきています♪

人口の減少や低金利、高齢化など

金融機関は現在多くの困難に直面している状況です(>_<)

そこで近年新規顧客の開拓と既存顧客へのサービス向上に向けて

オムニチャネルを行う銀行が増えてきています

ビッグデータやモバイル端末と

これまでに培ってきた金融サービスの両方を組み合わせて

新たなビジネス戦略を打ち出すことを課題としている銀行も増えており

これからの動向に期待したいところです(*^-^*)

03b9a83cd65de9a2a52ad6ac7f54517d_s

今後の期待が高まる♪

このようにオムニチャネルは顧客との接点を増やす際に

有効な手段だといえます◎

今後のIT技術の発展とともにオムニチャネルの考え方が

日本でも広まっていくことが期待されており

企業側の努力も求められてくるでしょう~

オムニチャネルを取り入れたセブン&アイホールディングスが運営する

オムニ7のホームページはさまざまなジャンルの商品を扱っていて

便利なサービスなので利用してみてはいかがでしょうか?

オムニ7のホームページはこちら

68f2ff8ce6c4d3c384368feaecd41a23_s


コメントを書く







コメント内容


記事一覧